ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えました。

2021-01-01から1ヶ月間の記事一覧

聖書日課 マタイによる福音書6章

聖書日課 マタイによる福音書6章(新共同訳 新約pp.9-11) 6章の前半では、信仰の行為として、施し(1~4節)、祈り(5~15節)、断食(16~18節)について教えられている。これらに共通して教えられているのは、人に見てもらおうとして行うのか、それとも主なる神に…

聖書日課 マタイによる福音書5章

聖書日課 マタイによる福音書5章(新共同訳 新約pp.6-9) マタイによる福音書の特徴の一つは、イエス・キリストの宣教が沢山記されていることである。その中でも最も有名なのが、〈山上の説教〉と呼ばれる5~7章にわたる教えである。そして、この宣教の最初に…

2021年1月31日(日) 週報

2021年1月31日(日) 降誕節第6主日 ○礼拝プログラム招詞 ヨシュア記1章5節讃美 68(父なる御神に み栄えあれかし)交読 エレミヤ書1章4~10節(新共同訳 旧約p.1172)主の祈り子ども聖書 マタイによる福音書10章10節子どもメッセージ 「私達に必要なものを知って…

聖書日課 マタイによる福音書4章

聖書日課 マタイによる福音書4章(新共同訳 新約pp.4-6) 4章では、いよいよイエス・キリストが、ガリラヤで本格的な宣教活動を始められる。すると、イエス・キリストの評判は瞬く間にガリラヤ中に広まり、遠くシリアにまで伝わっていった。そして、大勢の群衆…

聖書日課 マタイによる福音書3章

聖書日課 マタイによる福音書3章(新共同訳 新約pp.3-4) マタイは、1章から2章にかけてイエス・キリスト誕生の出来事を記してきたが、3章に入ると、一足飛びにイエス・キリストの公生涯の始めの出来事について記している。本章の前半ではバプテスマのヨハネの…

聖書日課 マタイによる福音書2章

聖書日課 マタイによる福音書2章(新共同訳 新約pp.2-3) 生まれたばかりのイエス・キリストを拝みに、占星術の学者達がはるばる東の方からエルサレムにやって来た(1節)。クリスマスのエピソードとして、とても有名な話である。 この旅は今日の〈エルサレム巡…

聖書日課 マタイによる福音書1章

聖書日課 マタイによる福音書1章(新共同訳 新約pp.1-2) 今日から新約聖書を読んでいく。新約聖書は〈系図〉から始まる。読み辛い名前が並んでいるので、いきなり躓く人もいるかも知れない。 しかし、旧約聖書を知っているなら、この系図に喜ぶ人も多いだろう…

聖書日課 マラキ書3章

聖書日課 マラキ書3章(新共同訳 旧約pp.1499-1502) マラキ書と言えば、〈十一献金〉を思い浮かべるキリスト者が沢山いるだろう。それは、「立ち帰れ」という主なる神の悔い改めの勧告に関連して教えられている。 主なる神の掟を離れ、それを守ろうとしない人…

2021年1月24日(日) 週報

2021年1月24日(日) 降誕節第5主日 ○礼拝プログラム招詞 詩編124編8節讃美 7(主のみいつとみさかえとを)交読 イザヤ書53章1~12節(新共同訳 旧約pp.1149-1150)主の祈り聖書拝読 マタイによる福音書8章1〜17節(新共同訳 新約pp.13-14)祈り 司式者讃美 154(地よ…

聖書日課 マラキ書2章

聖書日課 マラキ書2章(新共同訳 旧約pp.1497-1499) 「あなたたちは、自分の語る言葉によって/主を疲れさせている。それなのに、あなたたちは言う/どのように疲れさせたのですか、と」(17節) 人間の語る言葉が、天地を造られた主なる神を疲れさせるなどとい…

聖書日課 マラキ書1章

聖書日課 マラキ書1章(新共同訳 旧約pp.1496-1497) 神殿再建から長い年月が経過した。しかし、人々の生活は一向に良くならず、貧富の差も次第に大きくなり、社会には不正や悪が蔓延るようになっていた。そのような中、以前は熱心に主に仕えた人々の信仰も次…

聖書日課 ゼカリヤ書14章

聖書日課 ゼカリヤ書14章(新共同訳 旧約pp.1493-1495) ゼカリヤ書は、「その日」と呼ばれる勝利と希望の日を指し示して終わる。「その日」は、光に溢れる日であり(7節)、命の泉が湧き出る日であり(8節)、主が「地上のすべてを治める王となられる」日である(9…

聖書日課 ゼカリヤ書13章

聖書日課 ゼカリヤ書13章(新共同訳 旧約p.1493) 前章に続き、終末におけるイスラエルの救いと勝利の預言が語られている。「罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれる」(1節)とは、イエス・キリストの十字架の御業によって、救いの道、即ち罪の赦しと永遠の命…

聖書日課 ゼカリヤ書12章

聖書日課 ゼカリヤ書12章(新共同訳 旧約pp.1492-1493) ゼカリヤ書の最後の3章(12~14章)は、終末におけるエルサレムの救いと勝利と清めを語る励ましのメッセージである。ここでは、「その日」という言葉が何度も語られることによって、終末におけるイスラエ…

聖書日課 ゼカリヤ書11章

聖書日課 ゼカリヤ書11章(新共同訳 旧約pp.1491-1492) 大祭司ヨシュアと総督ゼルバベルらの指導によって神殿が再建され、民はしばらくは信仰に燃えていた。しかし、指導者がいなくなると、次第に真実の信仰から離れ、形式や儀式だけの信仰に陥っていった。 …

聖書日課 ゼカリヤ書10章

聖書日課 ゼカリヤ書10章(新共同訳 旧約pp.1490-1491) 情報化社会と言われる現代、私達の周りには、とても把握しきれない多くの情報が毎日飛び交っている。その中には、私達に幸せをもたらすかのようなコマーシャルや宣伝文句が溢れている。しかし、それで人…

2021年1月17日(日) 週報

2021年1月17日(日) 降誕節第4主日 ○礼拝プログラム招詞 コリントの信徒への手紙二5章17節讃美 19(みこえきくとて)交読 申命記4章1~9節(新共同訳 旧約pp.285-286)主の祈り聖書拝読 マタイによる福音書5章17〜20節(新共同訳 新約p.7)祈り 司式者讃美 501(生命…

聖書日課 ゼカリヤ書9章

聖書日課 ゼカリヤ書9章(新共同訳 旧約pp.1488-1490) ゼカリヤ書は9章から第二部に入る。ここ(9~14章)には詩文形式による2つの預言が記されているが、ゼカリヤの晩年に記されたものと思われる。 新しい神殿がようやく完成した。しかし、人々の現実の生活に…

聖書日課 ゼカリヤ書8章

聖書日課 ゼカリヤ書8章(新共同訳 旧約pp.1486-1488) 8章には、前章に続いて、断食に関する問いかけへの主なる神からの答えが記されている。特にここでは「万軍の主は言われる」という言葉が繰り返されながら、主なる神がイスラエルに注ごうとしている素晴ら…

聖書日課 ゼカリヤ書7章

聖書日課 ゼカリヤ書7章(新共同訳 旧約p.1486) 神殿再建工事が再開されて2年が経った頃、ベテルの人々から次のような質問が出された。「わたしたちは、長年実行してきたように、五月には節制して悲しみのときを持つべきでしょうか」(3節)。 これまでイスラエ…

聖書日課 ゼカリヤ書6章

聖書日課 ゼカリヤ書6章(新共同訳 旧約p.1485) ゼカリヤが見た8つの幻の記述の後、6章の後半には、大祭司ヨシュアへの戴冠の宣言が記されている。 主なる神はゼカリヤに、バビロンから帰還したばかりの3人の家族から金と銀の贈り物を受け取って冠をつくり、…

聖書日課 ゼカリヤ書5章

聖書日課 ゼカリヤ書5章(新共同訳 旧約pp.1484-1485) 本章には2つの幻が記されている。その一つは〈空飛ぶ巻物の幻〉(1~4節)である。巻物の「長さは二十アンマ、幅は十アンマ」(約9mと約4.5m)で(2節)、その上には、盗人や偽って誓う者を一掃するための呪い…

【BOOK】E. H. ピーターソン『詩編とともに祈る365日』p.168

Eugene H. Peterson, Praying with the Psalms: A Year of Daily Prayer and Reflection on the Words of David, San Francisco: Harper San Francisco, 1993(船本 弘毅, 比企 敦子訳『詩編とともに祈る365日』東京: 日本キリスト教団出版局, 2005年, p.168)…

【BOOK】佐藤敏夫『プロテスタンティズムになぜ聖餐は必要か』pp.3-4

佐藤 敏夫『プロテスタンティズムになぜ聖餐は必要か』福音の原点; 1, 東京: 新教出版社, 1996年, pp.3-4 「プロテスタンティズムとローマ・カトリシズムとの相違はいろいろな点に求めることができるが、その一つとして礼拝に目を向けてみるのは有益である。…

2021年1月10日(日) 週報

2021年1月10日(日) 降誕節第3主日 ○礼拝プログラム招詞 ヘブライ人への手紙4章14~16節讃美 67(よろずのもの とわにしらす)交読 申命記8章1~10節(新共同訳 旧約p.294)主の祈り聖書拝読 マタイによる福音書4章1~11節(新共同訳 新約pp.4-5)祈り 司式者讃美 1…

【BOOK】吉田隆『カルヴァンの終末論』p.109

吉田 隆『カルヴァンの終末論』東京: 教文館, 2017年, p.109 「聖書は我々の生活を神へと導くのみならず、我々が模倣すべき生活の模範をも示す。その模範とはすなわち、我らの救い主であり神への道であるキリストに他ならない。この生活は三位一体的性格を持…

【BOOK】松永希久夫『新約聖書における教会形成』p.246

松永 希久夫『新約聖書における教会形成』東京: 教文館, 2007年, p.246 「それから審判と救済、信仰義認と新生・聖化と終末待望の三つのバランスが取れているかどうかです。審判ばかりを言って救済を言わない。これは駄目ですね。信仰義認ばかり言ってキリス…

【BOOK】比嘉 盛久『沖繩の民族宗教とキリスト教』p.160

比嘉 盛久『沖繩の民族宗教とキリスト教』東京: いのちのことば社, 1972年, p.160 「天にいます全知全能の霊の父は、人間世界の行き詰まりとは違って、信じ従う者のために摂理の御手を動かし給う。私達人間は、神の御栄光のために、地上では自分の聖なる希望…

【BOOK】金子晴勇『「愛の秩序」の思想史的研究』p.148

金子 晴勇『「愛の秩序」の思想史的研究』岡山大学文学部研究叢書; 5, 岡山: 岡山大学文学部, 1990年, p.148 「ルターが諸身分が神により創始されたのは『神と世界に奉仕するため』(WA. 30 II, 598, 33)とみていることから、また兵士の身分について『それは…

【BOOK】関川泰寛『聖霊と教会』pp.152-153

関川 泰寛『聖霊と教会――実践的教会形成論』東京: 教文館, 2001年, pp.152-153 「このようなカルヴァンの聖餐理解は、わたしたちの礼拝を頌栄的なものとする。さらに説教そのものをサクラメンタルなものにしていく。『スルスム・コルダ(心を高く上げよ)』と…