ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 ダニエル書

聖書日課 ダニエル書12章

聖書日課 ダニエル書12章(新共同訳 旧約pp.1401-1402) 本章は、10章から続いてきた「終わりの時についての幻」の締め括りであり、ダニエル書の最終章である。 ここには終末に起こる出来事が詳細に記されている。終わりの時には、かつてなかったほどの苦難が…

聖書日課 ダニエル書11章

聖書日課 ダニエル書11章(新共同訳 旧約pp.1398-1401) 11章は、2章や7~9章と同様に、ダニエルからイエス・キリストに至る間の4つの帝国と様々な事件についての預言である。特にギリシアについての詳細な預言が展開されている。 ギリシアは、紀元前331年にア…

聖書日課 ダニエル書10章

聖書日課 ダニエル書10章(新共同訳 旧約pp.1397-1398) 「愛されている者ダニエルよ、わたしがお前に語ろうとする言葉をよく理解せよ、そして、立ち上がれ。わたしはこうしてお前のところに遣わされて来たのだ」(11節) これは、祈りの中で余りにも壮大な幻を…

聖書日課 ダニエル書9章

聖書日課 ダニエル書9章(新共同訳 旧約pp.1395-1397) 「ダレイオスの治世第一年」(1節)は、神の民にとっては大きな歴史の転換点となった年であった。この年、長年イスラエルを支配していたバビロン帝国の最後の王ベルシャツァルが殺された。彼らは、これから…

聖書日課 ダニエル書8章

聖書日課 ダニエル書8章(新共同訳 旧約pp.1394-1395) ダニエルはもう一つ幻を見た。二本の角を持つ雄羊が、西、北、南に向かって突進し、ほしいままに高慢にふるまっていたところに(3~4節)、西から一頭の雄山羊が飛ぶような勢いで進んで来て(5節)、みるみる…

聖書日課 ダニエル書6章

聖書日課 ダニエル書6章(新共同訳 旧約pp.1390-1392) バビロンの王ベルシャツァルが滅び、メディア人ダレイオスが王国を継いだ(1節)。ダニエルは、その王にも重んじられ、全国を治める120人の総督を監督する3人の大臣の一人とされていたが(2~3節)、その3人…

聖書日課 ダニエル書5章

聖書日課 ダニエル書5章(新共同訳 旧約pp.1388-1390) 時の王ベルシャツァルが千人もの貴族を招いて大宴会を開いているその最中のこと(1節)、興に乗った王は、かつてネブカドネツァル王がエルサレムの神殿から奪ってきた金銀の祭具を持って来るように命じた(2…

聖書日課 ダニエル書4章

聖書日課 ダニエル書4章(新共同訳 旧約pp.1385-1388) 或る夜、バビロンのネブカドネツァル王は夢を見た。その夢は彼自身に関するものであった。大地の真ん中に生える大きな木のように繁栄していたネブカドネツァル王に対し(7節)、天使が天から降って来て、大…

聖書日課 ダニエル書3章

聖書日課 ダニエル書3章(新共同訳 旧約pp.1383-1385) 「シャドラク、メシャク、アベド・ネゴの神をたたえよ。彼らは王の命令に背き、体を犠牲にしても自分の神に依り頼み、自分の神以外にはいかなる神にも仕えず、拝もうともしなかったので、この僕たちを、…

聖書日課 ダニエル書2章

聖書日課 ダニエル書2章(新共同訳 旧約pp.1380-1383) 何ということだろう! 大国バビロンの王が、捕囚民の若者の前にひれ伏し(46節)、彼をバビロン全州を治める長官にするとは(48節)! 一体何が起こったというのだろうか? 全てのことは、ダニエルがネブカドネ…

聖書日課 ダニエル書1章

聖書日課 ダニエル書1章(新共同訳 旧約pp.1379-1380) 預言者ダニエルは、ユダの王ヨヤキムの第3年にバビロンの王ネブカドネツァルによって捕囚とされ、バビロンに引かれて行った少年達の1人だった。 この少年達は「イスラエル人の王族貴族の中から、体に難点…