ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 アモス書

聖書日課 アモス書9章

聖書日課 アモス書9章(新共同訳 旧約pp.1440-1442) アモスは、イスラエルに主なる神の裁きが下ることを語り続けた預言者だった。本書の最終章である9章にも、アモスの見た第五の幻(1~4節)が記されているが、その内容は、主なる神がイスラエルの神殿を打ち砕…

聖書日課 アモス書8章

聖書日課 アモス書8章(新共同訳 旧約pp.1439-1440) 第四の幻は夏の果物の幻である(1~3節)。この「一籠の夏の果物(カイツ)」はよく熟していた。それはイスラエルの罪が熟して、彼らの最後が近づいていることを示していた。 主なる神は、はっきりと「わが民イ…

聖書日課 アモス書7章

聖書日課 アモス書7章(新共同訳 旧約pp.1437-1439) アモス書の最後の3つの章(7~9章)には、アモスが見た5つの幻が記されている。そのうち、7章には最初の3つの幻が書かれているが、第一の幻と第二の幻においては、預言者の執り成しによって、主なる神は審判…

聖書日課 アモス書5章

聖書日課 アモス書5章(新共同訳 旧約pp.1434-1436) アモス書の預言は、イスラエルの罪に対する主なる神の厳しい裁きの宣告に満ちている。その一方で、主なる神はイスラエルに「わたしを求めよ、そして生きよ」(4節)と呼びかけている。 主なる神を求めるとは…

聖書日課 アモス書6章

聖書日課 アモス書6章(新共同訳 旧約pp.1436-1437) 新共同訳における本章の見出しは「驕れる人々への審判」である。前章までの内容に続いて、ここでもイスラエルの罪に対する主の裁きの預言が語られている。 その中で、2節のカルネは、北アラムの首都で、紀…

聖書日課 アモス書4章

聖書日課 アモス書4章(新共同訳 旧約pp.1432-1434) 4章には、主なる神に逆らって罪を犯し続けるイスラエルに対して下された5つの懲罰が記されている。 第一の懲罰は飢饉と欠乏(6節)、第二の懲罰は干ばつ(7~8節)、第三の懲罰は黒穂病、立ち枯れ、いなごによ…

聖書日課 アモス書3章

聖書日課 アモス書3章(新共同訳 旧約pp.1431-1432) 主なる神の選びは、特別なものである。主なる神がイスラエルを選ばれたのは、あの人々でも、この人々でも、誰でも良かったなどというものではない。勿論、たまたまとか、何となくといった気紛れでもない。…

聖書日課 アモス書2章

聖書日課 アモス書2章(新共同訳 旧約pp.1429-1430) 1章に続いて本章でも、諸国民の罪に対する裁きが語られている。アモスは、主なる神の審判の象徴に火を用いているが(1章4節、7節、10節、12節、14節、2章2節、5節)、これは、主なる神の裁きが火のように全て…

聖書日課 アモス書1章

聖書日課 アモス書1章(新共同訳 旧約pp.1428-1429) テコアの牧者であったアモスが預言活動を行ったのは、ユダの王ウジヤとイスラエルの王ヤロブアム2世の時代で、紀元前760~750年頃であったと言われている(1節)。 本書の1~2章には、8つの諸国民に対する審…