ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 士師記

聖書日課 士師記21章

聖書日課 士師記21章(新共同訳 旧約pp.418-420) 21章は、いよいよ士師記の最終章である。一つの書の締め括りなので、心情としては、「メデタシ、メデタシ」で終わって欲しいところだが、「そんな期待は甘い!」と言わんばかりに、士師記は最後まで、主なる神…

聖書日課 士師記20章

聖書日課 士師記20章(新共同訳 旧約pp.415-418) ベニヤミン族のギブアの町で起こった事件は、瞬く間に、イスラエル全部族を巻き込む争いへと拡大してしまった。 レビ人の側女の死体の一部が送りつけられたのを見ると、イスラエルの人々は、怒りに駆られ、ベ…

聖書日課 士師記19章

聖書日課 士師記19章(新共同訳 旧約pp.414-415) 恐ろしい事件が起こった。「一人の女」が、「町のならず者」によって「もてあそ」ばれ、殺された(25節)。しかも、その女の主人は、怒りに駆られて、彼女の死体を「十二の部分に切り離し、イスラエル全土に送り…

聖書日課 士師記18章

聖書日課 士師記18章(新共同訳 旧約pp.412-414) 「ダンの部族」は、嗣業の土地から敵を追い出すことが出来ないため、自分達が「住み着く」町を他に探していた(1節)。そこで、ライシュという町を探し当てた。この町の人々は、「静かに、また、穏やかに安らか…

聖書日課 士師記17章

聖書日課 士師記17章(新共同訳 旧約pp.411-412) 17章から士師記の結論部分に入る。主なる神が何人もの士師たちを遣わしてイスラエルを救ったにもかかわらず、彼らは結局、最後まで偶像礼拝から離れることはなかった。そして、多くの異教の民族が、未だに勢力…

聖書日課 士師記16章

聖書日課 士師記16章(新共同訳 旧約pp.409-411) 波乱万丈…サムソンの生涯を一言で表すとすれば、この言葉がピッタリだろう。 サムソンは、その生涯の中で何人もの女性と恋に落ちた。しかし、どの恋も危なっかしいものばかりだった。そして、サムソンは最後に…

聖書日課 士師記15章

聖書日課 士師記15章(新共同訳 旧約pp.407-409) サムソンとペリシテ人の女性との結婚は、最初から波乱ずくめだった。 結婚式の宴会で、余興気分で出した〈謎かけ〉をめぐって、新妻に裏切られ腹を立てたサムソンは(14章17節)、そのまま自分の家に帰ってしま…

聖書日課 士師記14章

聖書日課 士師記14章(新共同訳 旧約pp.406-407) サムソンは、「ペリシテ人の娘に目をひかれ」、結婚したいと「父母」に申し出た。 「サムソンはティムナに下って行ったが、そのティムナで一人の女、ペリシテ人の娘に目をひかれた。彼は父母のところに上って…

聖書日課 士師記13章

聖書日課 士師記13章(新共同訳 旧約pp.404-406) 士師記の最後に登場する士師は、サムソンである。彼は士師の中で最もよく知られている人物だろう。他の士師と違って、サムソンに関しては、その誕生の出来事から成人してからの活躍まで、かなり詳細に記されて…

聖書日課 士師記12章

聖書日課 士師記12章(新共同訳 旧約pp.403-404) ギレアド人エフタが「アンモン人との戦い」に勝って、イスラエルを治めるようになった時、「エフライム人が勢ぞろいして」エフタに不満を述べた。 「アンモン人との戦いに出向いたとき、なぜあなたは、わたし…

聖書日課 士師記11章

聖書日課 士師記11章(新共同訳 旧約pp.401-403) 士師エフタの話は、何とも愚かで悲しい物語である。 「ギレアドの長老たち」の要請を受けて(6節、8節)、エフタは、アンモン人と戦うために「兵を進めた」。この時、「主の霊がエフタに臨んだ」と聖書は記して…

聖書日課 士師記10章

聖書日課 士師記10章(新共同訳 旧約pp.399-400) ギデオン一族の盛衰の後、トラ、続いてヤイルが士師として立って、イスラエルを治めた(1~5節)。しかし、彼らが死ぬと、イスラエルは再び「主の目に悪とされることを行い」、自分達の主を捨てて異教の「神々に…

聖書日課 士師記9章

聖書日課 士師記9章(新共同訳 旧約pp.396-399) 多くの妻と多くの息子達がいたギデオンの一族は、人の奢り高ぶりの象徴と言ってもよいものだった。そして、奢りは、必ず混乱と滅びをもたらす罠となる。栄華を誇ったソロモン王が、多くの妻の故に偶像を取り入…

聖書日課 士師記8章

聖書日課 士師記8章(新共同訳 旧約pp.394-396) イスラエルの人々が、長年の宿敵「ミディアン人」を打ち破ったギデオンに、自分達を「治めて」もらいたいと願い出るのはごく自然なことであった。 「ミディアン人の手から我々を救ってくれたのはあなたですから…

聖書日課 士師記7章

聖書日課 士師記7章(新共同訳 旧約pp.392-393) いよいよミディアン人との決戦の時がやって来た。ギデオンに率いられたイスラエルは、「エン・ハロド」という泉の「ほとりに陣を敷い」て、北の「平野」に陣取るミディアン人と相対した。 ところが、この時、主…

聖書日課 士師記6章

聖書日課 士師記6章(新共同訳 旧約pp.389-392) ギデオンと言えば、〈信仰の勇者〉の代名詞のような士師である。何と言っても、僅か300人の手兵で、数万人もの敵を打ち破ったのだから! しかし、最初から強かったかと言うと、意外にもそうではなかった。彼は敵…

聖書日課 士師記5章

聖書日課 士師記5章(新共同訳 旧約pp.386-389) 「カナンの王ヤビン」とその「将軍シセラ」との戦いに勝利したデボラは、「主に向かって」「賛美の歌」を「歌った」。 「デボラとアビノアムの子バラクは、その日次のように歌った。イスラエルにおいて民が髪を…

聖書日課 士師記4章

聖書日課 士師記4章(新共同訳 旧約pp.385-386) 4章は、4人目の士師、女預言者デボラの物語である。ここにも、以前に見た士師記のパターンが繰り返されている。 「エフドの死後、イスラエルの人々はまたも主の目に悪とされることを行い、主はハツォルで王位に…

聖書日課 士師記3章

聖書日課 士師記3章(新共同訳 旧約pp.383-385) カナンの地には、多くの異教の民が残されていた。それは、イスラエルの不徹底な信仰のあり方による憂えるべき事態だった。その一方で、それは「カナン人とのいかなる戦いも知らない」「イスラエルの人々の世代…

聖書日課 士師記2章

聖書日課 士師記2章(新共同訳 旧約pp.380-382) 士師記には合わせて12人の士師が登場する。そこでは或るパターンが何度も繰り返されている。 1. イスラエルの堕落と棄教 「イスラエルの人々は主の目に悪とされることを行い、バアルに仕えるものとなった」(11…

聖書日課 士師記1章

聖書日課 士師記1章(新共同訳 旧約pp.380-382) 今日から士師記に入る。勢いづいて読み始めたいところだが、本書は、前書のヨシュア記とは雰囲気が違う。ヨシュア記が勝利と成就の書であったのに対し、士師記は堕落と敗北の書だからである。 「えーっ、いきな…