ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 マタイによる福音書5章

聖書日課 マタイによる福音書5章(新共同訳 新約pp.6-9)

 マタイによる福音書の特徴の一つは、イエス・キリストの宣教が沢山記されていることである。その中でも最も有名なのが、〈山上の説教〉と呼ばれる5~7章にわたる教えである。そして、この宣教の最初に語られたのが、次の御言葉である。

「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである」(3節)

「心の貧しい人々」とはどういう人のことを言うのだろうか? 勿論、心が狭い人とか、心が卑しい人という意味ではない。これは、霊的な貧しさを知っている人、霊的に深く飢え渇いている人のことである。

 或る神学者は、このことを〈心が空っぽになった状態〉と表現した。つまり、権力、お金、名声、人など、この世の何ものによっても心が満たされないことを知っている人のことである。だからこそ、このような人は、天の国を真剣に求める。そして、天の国はそのような人達のものであるとイエス・キリストは言われた。

 真の幸いは、この世のものによってもたらされることはない。祝福の源は天の国に、つまり主なる神の愛による支配の下にこそある。

 今あなたは、生きることに空しさや、不安や、恐れを覚えているかも知れない。どうしても、何によっても心が満たされないと感じているかも知れない。

 勿論、その原因は人によって様々だろう。しかし、一つ確かに言えるのは、真の満たしは天の国にあるということである。私達が主なる神の御前にひれ伏し、その愛の支配の下に入る時、空しさや不安や恐れは全て消え去り、真の平安と喜びに満たされる。この平安と喜びは、この世の何ものによっても得ることは出来ない。天の国における主なる神との愛の交わりによってのみ味わうことが出来る。

 あなたはこの平安と喜びの中に生きているだろうか。そして、この喜びと平安を、日々味わいながら歩んでいるだろうか。

「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな」(ヨハネによる福音書14章27節)