ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ダニエル書5章

聖書日課 ダニエル書5章(新共同訳 旧約pp.1388-1390)

 時の王ベルシャツァルが千人もの貴族を招いて大宴会を開いているその最中のこと(1節)、興に乗った王は、かつてネブカドネツァル王がエルサレムの神殿から奪ってきた金銀の祭具を持って来るように命じた(2節)。そこで、王や貴族、後宮の女たちは、神殿の祭具で酒を酌み交わしながら、金銀、青銅、鉄、木や石などで造った神々をほめたたえた(3~4節)。

 すると、突如人の手の指が現れ、灯に照らされた王宮の白い壁に文字を書き始めた(5節)! 「メネ、メネ、テケル、そして、パルシン」(25節)…一体これは何なんだ!? ベルシャツァル王は恐怖にかられ、顔面蒼白になり、腰が抜け、膝はガクガク震えた(6節)。大宴会はたちまち大混乱に陥った。

 やがてその混乱を静めるために、聖なる神の霊を宿している人と言われたダニエルが呼び出され(11~13節)、壁に書かれた文字を解き明かして言った。

「意味はこうです。メネは数えるということで、すなわち、神はあなたの治世を数えて、それを終わらせられたのです。テケルは量を計ることで、すなわち、あなたは秤にかけられ、不足と見られました。パルシンは分けるということで、すなわち、あなたの王国は二分されて、メディアとペルシアに与えられるのです」(26~28節)

 これは、ベルシャツァルに対する主なる神からの警告であり、最後通告であった。かつてベルシャツァルの父ネブカドネツァルは、傲慢になったために7年間理性を失い、獣のようになって、人間社会から追放された。その時、彼が悟ったのは、天の神こそが人間の王国を支配し、その御旨のままに王を立てられるということであった(20~21節)。

 しかし、そのことをよく知っていながら、ベルシャツァル王は、なお、主なる神の御前に謙ろうとしなかった(22節)。いや、それどころか、神殿の祭具で酒を酌み交わしながら、偶像の神々をほめたたえることさえしていた(23節)。そのため主なる神は、あの手を遣わして文字を書かせ(24節)、彼に最後の警告を与えた。しかし、ベルシャツァル王は、遂に主なる神の御前にひれ伏して悔い改めることはなかった。そして、最後に聖書は短くこう記している。

「その同じ夜、カルデア人の王ベルシャツァルは殺された」(30節)

 これは、主なる神の御声に聞き従わない者の最期であり、私達に対する警告の出来事でもある。