ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ダニエル書2章

聖書日課 ダニエル書2章(新共同訳 旧約pp.1380-1383)

 何ということだろう! 大国バビロンの王が、捕囚民の若者の前にひれ伏し(46節)、彼をバビロン全州を治める長官にするとは(48節)! 一体何が起こったというのだろうか?

 全てのことは、ダニエルがネブカドネツァル王の見た夢を解き明かしたことによるものであった(47節)。それもただの解き明かしではない。王がどんな夢を見たのかも知らされない状況で解き明かしたというのである(5~6節)。一体そのようなことがどうして出来たのだろうか? 聖書はこう記している。

「ダニエルは家に帰り、仲間のハナンヤ、ミシャエル、アザルヤに事情を説明した。そして、他のバビロンの賢者と共に殺されることのないよう、天の神に憐れみを願い、その夢の秘密を求めて祈った。すると、夜の幻によってその秘密がダニエルに明かされた」(17~19節)

 これがダニエルの知恵の秘密であった。つまり、いかなる状況に置かれても、彼は常に天地を支配する主なる神への信仰に立ち続けていたのである。たとえ自分の身は捕囚であっても、またたとえバビロンの王がどんなに強く恐ろしい存在であっても、ダニエルは常に天の神を恐れ敬い、信頼していた。そして、主なる神も、そのような彼らのまっすぐな信仰に常に喜んで応えて下さった。ここにダニエル書の醍醐味があり、読む者を勇気づけて止まない理由がある。

 しかも、ダニエルは、そのような知恵を誇ることもせず、また高い位に就いてからも、決して傲慢になることもなかった。彼は常に謙虚さを失わなかったのである。それは、ダニエルがバビロンの王に語ったこの言葉の中にも現れている。

「その秘密がわたしに明かされたのは、命あるものすべてにまさる知恵がわたしにあるからではなく、ただ王様にその解釈を申し上げ、王様が心にある思いをよく理解なさるようお助けするためだったのです」(30節)

 ダニエルとその仲間達が、苛酷な異教の地で幾度も危機を乗り越えて、その地位を確立し、生き長らえることが出来たのは、主なる神への絶対的な信仰と謙虚さを常に保ち続けたことによる祝福であった。