ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 レビ記17章

聖書日課 レビ記17章(新共同訳 旧約pp.189-190)

 ユダヤ人は、全ての食物から、血を徹底的に取り除くように細心の注意を払っている。それは次の律法の教えを今でも厳格に守っているからである。

イスラエルの家の者であれ、彼らのもとに寄留する者であれ、血を食べる者があるならば、わたしは血を食べる者にわたしの顔を向けて、民の中から必ず彼を断つ。生き物の命は血の中にあるからである。わたしが血をあなたたちに与えたのは、祭壇の上であなたたちの命の贖いの儀式をするためである。血はその中の命によって贖いをするのである。それゆえ、わたしはイスラエルの人々に言う。あなたたちも、あなたたちのもとに寄留する者も、だれも血を食べてはならない」(10~12節)。

 今日のキリスト者は新約の光の中に生きている。しかし、この律法が意味することは考える必要がある。

「血」「命」を表す。「血」によって私達の「命」は死から贖われた。旧約時代に祭壇の上で流された動物の献げ物の「血」は、主イエス・キリストが十字架の上で流して下さった「血」を示していた。イエス・キリストは、ご自分の「血」「命」を身代わりにして、私達の「命」を罪の滅びから「贖い」出して下さった。

 このように、「血」は私達の命を贖うほどに尊いものである。だからこそ、大切に取り扱うべきものとされているのではないか。「だれも血を食べてはならない」というのは、そういう意味だろう。

 そこで聖餐式のぶどう酒のことを改めて考えてみた。それは、主イエス・キリストが十字架の上で流された「血」を意味するものである。つまり、私達はイエス・キリスト「血」「命」を飲んで(食べて)いるのである。それは、主イエス・キリスト「血」によって、私達の罪が贖われたことを確認し、感謝をもっていただく礼典である。

 私達の命を贖うことの出来る「血」は、主イエス・キリストが十字架の上で流された「血」以外にはない。そのことを覚えるため、その尊さを忘れないために教会は聖餐式を行い続ける。旧約時代に「だれも血を食べてはならない」と言われたのも、「命」を贖う「血」の尊さを忘れないためであったに違いない。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com