ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ヘブライ人への手紙12章

聖書日課 ヘブライ人への手紙12章(新共同訳 新約pp.416-418)

「信仰」という言葉を辞書で引くと、「1. 神仏などを信じてあがめること。また、ある宗教を信じて、その教えを自分のよりどころとすること 2. 特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこと」(大辞泉)という説明が出てくる。これが一般的な理解だろう。超越的な存在に対する私達人間の主体的な意識と態度が「信仰」であると考えられている。

 だが、「信仰」が私達の意識や態度を土台としているならば、私達の状態と共に揺れ動く。信じているのか信じていないのか、自分でも分からなくなることがあるのではないか。

 それに対し、聖書は、「信仰」とはイエス・キリストご自身が創始し、完成したものであると述べている。

「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです」(2節)。

 全人類の(私の、あなたの、そしてあの人の)罪を贖うために「恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍」ぶことによって始められ、復活し、「神の玉座の右にお座りになった」ことによって完成したイエス・キリストの救いの御業そのものを「信仰」と呼ぶ

 私達が自分で信じていることを「信仰」と言うのではない。私達自身が自分の「信仰」を完成するのでもない。

 もう既に完成された、イエス・キリスト「信仰」がある。私達の状態がどのようなものであっても、私達のために完成された、イエス・キリスト「信仰」がある。ここに私達の希望がある。

 イエス・キリストが私達一人一人に、この「信仰」を与えて下さる。福音が心に届き、イエス・キリストを見上げる時、この完成された「信仰」が与えられる。あなたは救われるのである

 イエス・キリストとの関係を与えられ、今日もイエス・キリストを見上げて生活したい。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com