ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ヘブライ人への手紙8章

聖書日課 ヘブライ人への手紙8章(新共同訳 新約pp.409-410)

 主なる神は、私達人間が依るべき法、生活を律する規範として、律法をお与えになった。律法には、主なる神との正しい関係のあり方、隣人との正しい関係のあり方が定められている。

 だが、私達は自分の行動を縛られることを嫌う。どんなに良いものであっても、外から与えられたというだけで、私達はこれを拒絶して、自分が良いと思う道、高慢の道を歩こうとし、罪の中で身動きが取れなくなってしまう。

 そのような私達を、主なる神は憐れみ、外から私達を縛るのではなく、私達の内に律法を書きつけられた。それは、主なる神ご自身が私達の心の中、存在の真中に住んで下さるということである。

「『それらの日の後、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである』と、主は言われる。『すなわち、わたしの律法を彼らの思いに置き、彼らの心にそれを書きつけよう。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。彼らはそれぞれ自分の同胞に、それぞれ自分の兄弟に、『主を知れ』と言って教える必要はなくなる。小さな者から大きな者に至るまで/彼らはすべて、わたしを知るようになり、わたしは、彼らの不義を赦し、もはや彼らの罪を思い出しはしないからである』」(10~12節)。

 私達の内にあって「正しい道はこれだ。こちらを歩め」と教えて下さる。この方の御声に聴き従う時、私達の存在は輝き、喜びに満ち溢れる。主なる神の御言葉を聴くことが喜びとなり、自ら罪から身を避けるようになる。そして、隣人を大切にしようと思うようになる。

 私達の全ての罪を償うため、代わりに十字架にかかって下さった方、イエス・キリストを主として迎え入れる時、そのような人生が始まる

 このような私が赦されている。それだけでなく、イエス・キリストが私達の内に住んで下さっている。それに勝る幸いはない。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com