ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ガラテヤの信徒への手紙5章

聖書日課 ガラテヤの信徒への手紙5章(新共同訳 新約pp.349-350)

 私達の罪が赦され、救われるには、ただイエス・キリストを信じるだけでよい、それがパウロが一貫して主張したことである。ところが、ガラテヤ教会の聖徒達は、偽教師の影響を受け、「信仰」(6節)に加えて、「割礼を受け」ようとした。

 パウロはそのような彼らに警告を与えている。

「この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません」(1節)。

「割礼を受ける」というのは、「律法全体を行う義務」を背負うことであると、ガラテヤ教会の聖徒達は分からなかったのである(3節)。

 またパウロは、「もし割礼を受けるなら、あなたがたにとってキリストは何の役にも立たない方になります」(2節)と述べている。「律法によって義とされようとする」(4節)ことは、イエス・キリストの十字架による贖いを不必要なものとすることだからである。その時、「キリストとは縁もゆかりもない者とされ、いただいた恵みも失」ってしまう(4節)。

 律法は、人に罪を示し、それによって人をイエス・キリストによる罪の赦しと救いへと導く「養育係」として与えられた(3章24節)。しかし、「キリスト・イエスに結ばれ」(6節)、「信仰によって義とされ」た以上(3章24節)、「割礼の有無は問題ではなく」なった(6節)。それは、暗闇の中で明るい光の役目を果たすローソクも、太陽が昇れば、必要でなくなるのと同じである。にもかかわらず、ガラテヤ教会の聖徒達は、既に不必要になった「割礼を受ける」ことで、イエス・キリストの恵みを不必要なものにしようとしていた。

 これは決して他人事ではない。私達も、同じようなことをしていないだろうか。主なる神の愛と赦しを受けているのに、人からの称賛や名誉を求める。主なる神が必要なものを与えると約束して下さっているのに、自分の知恵と努力で何とかしようと焦り、思い煩う。そのようなことがないだろうか。その時、私達は再び肉の奴隷となってしまっている

 それ故、パウロは次のように勧めた。

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません」(16節)。

「キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。わたしたちは、霊の導きに従って生きているなら、霊の導きに従ってまた前進しましょう」(24~25節)。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com