ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ホセア書5章

聖書日課 ホセア書5章(新共同訳 旧約pp.1408-1409)

「エフライム」は北王国イスラエルを代表する部族で、ここでは北王国を指している。「エフライムは淫行にふけり」(3節)は、彼らがバアル礼拝を取り入れていたことを意味しているが、バアル神殿には神殿娼婦がいて、肉体的な意味での淫行も同時に行われていた。

 それでは、彼らは主なる神を全く捨て去っていたかというと、そうではない。彼らはバアルを礼拝する一方で、主なる神にも献げ物をささげていた。

「彼らは羊と牛を携えて主を尋ね求めるが/見いだすことはできない。主は彼らを離れ去られた。彼らは主を裏切り/異国人の子らを産んだ。それゆえ、新月の祭りが/彼らをも、その所有をも食い尽くす」(6~7節)

 要するに、彼らは二股をかけていたのである。そしてそれは、主なる神に対する裏切りそのものであった。このことは、昔から八百万の神々を拝んできた日本人には〈不寛容〉〈偏狭〉に思われるかも知れない。しかし、恋愛や結婚における〈二股〉が〈裏切り〉であるのは誰でも分かるだろう。聖書が主なる神とイスラエル(教会)の関係を夫妻に喩えて教えているのは、そのためでもある。

 イスラエルの問題は、まさにこの点にあった。彼らは、主なる神の民でありながら、バアルにも心を寄せ、バアルを拝んでいた。それ故、たとえ彼らが形式的に献げ物を携えて主を尋ね求めても、主なる神を見出すことは出来なかった。「淫行の霊が彼らの中にあり/主を知りえないから」(4節)である。

 どんなに聖書に精通し、どんなに善行に励んでも、私達の心が主なる神以外の何ものかに寄せられていたなら、私達は真の意味で主なる神を知ることも、出会うことも出来ない。主イエス・キリストこそこの世で唯一にして真の救い主であると信じ、この御方にのみ聞き従って生きる決心をした人だけが、真に主なる神に出会い、真に主なる神を知ることが出来る。

「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです」(使徒言行録4章12節)