ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ヘブライ人への手紙3章

聖書日課 ヘブライ人への手紙3章(新共同訳 新約pp.403-404)

 人は、支配欲のために人の上に立とうとする。そして不満を最小限に抑えるために利害の調整をするが、最終的には自分に従わせるために強権を発動することもある。

 しかし、イエス・キリストが私達を治めて下さる時、それは愛の御力によって私達を完全なものとして下さることを意味する

 私達に平和があるようにすること。病んでいる者、苦しんでいる者がいるなら、その人を癒し、苦しみを取り去ること。外から攻撃を受けることがあるなら、攻撃する者を撃退し、守ること。そして、私達の心から悪意と罪を取り去り、一人一人が正しい心で、互いを大切にしながら生きるようにすること。

 イエス・キリストは、このような祝福を与えるため、私達をこの世から呼び集め、一つの群れとして下さった。それを「神の家」、即ち教会と呼ぶ。

「さて、モーセは将来語られるはずのことを証しするために、仕える者として神の家全体の中で忠実でしたが、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし確信と希望に満ちた誇りとを持ち続けるならば、わたしたちこそ神の家なのです」(5~6節)。

 私達の心は、毎日荒れるし、不安に揺れる。罪の誘惑にも晒される。

 しかし、その中にイエス・キリストは現れ、「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」と語りかけて下さる(マタイによる福音書28章20節)。その時、心の嵐は鎮められ、平和がやって来る。

 私達の内側に働きかけて、癒し、清めて下さるイエス・キリストの十字架の血潮と、私達を外から攻撃する者を撃退して下さるイエス・キリストの御名の力を告白しながら、私達は日々生き続けていきたい。

「兄弟たち、あなたがたのうちに、信仰のない悪い心を抱いて、生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい。あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、『今日』という日のうちに、日々励まし合いなさい。わたしたちは、最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、キリストに連なる者となるのです」(12~14節)。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com