ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えました。

聖書日課 ヨナ書1章

聖書日課 ヨナ書1章(新共同訳 旧約pp.1445-1446)

 ヨナ書は多くの人に愛されている書の一つである。預言書というよりも、預言者ヨナの物語であり、内容も短くて読み易い。

 とりわけ、ヨナという人物の性格に親しみを覚える人も多いだろう。彼は頑固で、すぐに怒ったり拗ねたりする性格だからである。勿論、それが良いということではない。しかし、生身の人間を感じさせてくれるところに親しみと安心を覚えるのではないか。また、そのような欠点を持つヨナを、忍耐強く導き、諭し続けられる主なる神とのやり取りも、とても興味深い。

「さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ」(2節)と主なる神はヨナに言われた。しかし、「ヨナは主から逃れようとして出発し、タルシシュに向かった」(3節)と記されている。彼は預言者でありながら、主なる神に逆らい、主なる神の導きとは全く正反対の方向に向かって逃げて行った。タルシシュは当時地の果てと言われた町であり、ヨナはわざわざ高い船賃を払って、人々に紛れ込んで主から逃れようとした。

 しかし、どんなに遠い地の果てであろうと、どんなに多くの群衆に紛れ込もうと、主なる神の目が届かない所など、この地上のどこにも存在しない。主なる神は、大風を送ってヨナの乗った船を難破させようとした(4節)。そこで、人々は誰のせいでこんなことになったのかを知るためにくじを引いた。すると、それはヨナに当たった(7節)。そのため、ヨナの罪が露わになり、ヨナは捕えられて海の中に放り込まれてしまった(15節)。

 私達が主なる神の導きから逃げようとする時、主なる神は、様々な災難を起こして、その間違いに気付かせようとすることがある。勿論、全ての災難がそうだということではない。しかし、多くの場合、主なる神はそこで私達に語りかけておられるのではないか。そういう意味で、私達は祝福の中だけでなく、災いの中でも主なる神に出会うことが出来る。今あなたは祝福の中にあるだろうか、それとも災いの下に置かれているだろうか。いずれにしても、あなたの心に主なる神の御声が響いているのではないか。