ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ヨナ書2章

聖書日課 ヨナ書2章(新共同訳 旧約p.1446)

 ヨナが主なる神から逃れようとして乗った船は、大風によって難破しそうになった(1章4節)。そのためヨナは遂に荒れ狂う海の中に投げ込まれてしまった(1章15節)。しかも、海中で必死にもがいていたヨナは、何と巨大な魚に呑み込まれてしまった(1節)。

 絶体絶命! 四面楚歌! 最悪! この時ヨナは、まさにそのような状況に陥っていた。

 しかし、聖書は、これらのことは全て主なる神がなさったことであると記している。つまり、これらのことは主なる神の御心であり、計画であり、主なる神のご支配の中で起こった出来事であった。主なる神は、主から逃げようとしたヨナを、悔い改めて立ち帰らせるためにこれらのことを起こされたのである。

 それからヨナは、三日三晩、魚の腹の中で生き延びていた。そして、そのどん底の暗闇の中で、ヨナは漸く自分の罪を認め、主なる神に対する頑なで不従順な心と行動を悔い改めて主に祈った(2節)。

「苦難の中で、わたしが叫ぶと/主は答えてくださった。陰府の底から、助けを求めると/わたしの声を聞いてくださった。あなたは、わたしを深い海に投げ込まれた。潮の流れがわたしを巻き込み/波また波がわたしの上を越えて行く。わたしは思った/あなたの御前から追放されたのだと。生きて再び聖なる神殿を見ることがあろうかと。大水がわたしを襲って喉に達する。深淵に呑み込まれ、水草が頭に絡みつく。わたしは山々の基まで、地の底まで沈み/地はわたしの上に永久に扉を閉ざす。しかし、わが神、主よ/あなたは命を/滅びの穴から引き上げてくださった。息絶えようとするとき/わたしは主の御名を唱えた。わたしの祈りがあなたに届き/聖なる神殿に達した。偽りの神々に従う者たちが/忠節を捨て去ろうとも、わたしは感謝の声をあげ/いけにえをささげて、誓ったことを果たそう。救いは、主にこそある」(3~10節)

 この時、主は魚に命じて、ヨナを陸地に吐き出させ、彼を救い出された(11節)。

 私達の目には絶体絶命と思われるような出来事が起こることがあるかも知れない。しかし、主なる神は全てを支配しておられる! だから、決して、決して諦めたり、失望したりしてはならない。私達が、主なる神の御前に謙り、悔い改めて主に立ち帰る時、主なる神は必ず暗闇の底から私達を引き上げて、救い出して下さる。それはまさしく、「救いは、主にこそある」からである。