ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 テモテへの手紙二2章

聖書日課 テモテへの手紙二2章(新共同訳 新約pp.392-393)

「キリスト・イエスにおける恵みによって強くな」るとは(1節)、イエス・キリストに全幅の信頼を置き、全てを委ねて生きることである。自分の力や計画によって生きるのではなく、いつも主なる神の御心と力に拠り頼み、御言葉に聞き従って歩むことである。そうすることで、私達は初めて「キリスト・イエスの立派な兵士」(3節)となることが出来るとパウロは教えている。

 私達は果たしてこのような意味で強くなっているだろうか。主イエス・キリストに全幅の信頼を置いて生きているだろうか。自分の力や計画ではなく、主なる神の御心と導きに喜んで聞き従って歩んでいるだろうか。暫く考えさせられた。

 大切なのは、自分の力と努力によって、強くなったり立派になろうとすることではなく、イエス・キリストの強さに全幅の信頼を置いて、御心に聞き従うことである。しかし、しばしば私達は、この点でストップしてしまっていることはないだろうか

 パウロは言う。

「次の言葉は真実です。『わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、/キリストと共に生きるようになる。耐え忍ぶなら、/キリストと共に支配するようになる。キリストを否むなら、/キリストもわたしたちを否まれる。わたしたちが誠実でなくても、/キリストは常に真実であられる。キリストは御自身を/否むことができないからである』」(11~13節)。

 私達が「キリストと共に生きる」ためには、まず「キリストと共に死」ぬ必要がある。人間の力や計画に拠り頼むことをやめて、一切をイエス・キリストに委ね、イエス・キリストの導きに聞き従うことが大切である。その時、私達は「キリストと共に支配するようになる」

 私達は「キリストを否」んではいないだろうか。もし私達が「キリストを否むなら」「キリストもわたしたちを否まれる」。私達は「キリストと共に死ん」でいるだろうか。そうすれば、「キリストと共に生きるようになる」

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com