ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

祈り ガラテヤの信徒への手紙3章

祈り ガラテヤの信徒への手紙3章(新共同訳 新約pp.345-347)

 天のお父様。あなたの尊い御名を心からほめたたえます。今日も御前に引き出して下さり、あなたの恵みの言葉を聞かせて下さったことを感謝致します。
 天のお父様、あなたは信じる者を御子イエス・キリストに結び合わせ、イエス・キリストの十字架と共に古い人に死に、イエス・キリストの復活と共に新しい人として生きるようにして下さいました。「キリストに結ばれた」私達の一日一日は(27節)、このイエス・キリストの救いの御業を生活の中に表していくためにあります。どうか「キリストを着て」一日を始め(27節)、イエス・キリストを崇めるために生きる者として下さい。
 天のお父様、あなたが御声をかけて下さったから、私達はあなたの御声を聞きました。あなたを見上げることが出来ました。あなたは、私達を「信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子」として下さいました。
 今、新型コロナウィルス感染症の影響で、多くの方が痛みと苦しみ、不安の中にあります。かつて日本では〈絆〉という言葉が頻繁に叫ばれた時期がありました。しかし、それも虚しく消え、国民の分断、孤立が進んでいます。出口が見えない状況の中で、徒労感を感じているお一人お一人を、あなたご自身が支えて下さい。お一人お一人が、呼びかけておられるあなたの御声に気付くことが出来ますように。あなたの方を振り向くことが出来ますように。あなたに出会うことが出来ますように。主よ、どうかお一人お一人をお導き下さい。
 天のお父様、あなただけが真の〈絆〉を与えることがお出来になる方です。あなたは一度握った者を決してお見捨てにならないからです。決して放すことはなさらないからです。あなた以外に、真の癒しも回復もありません。主よ、今あなたを求める方にあなたの御言葉を届けることが出来ますよう、キリストの体である教会を力づけて下さい。
 また、事態の収束には長い時間が必要ですが、それに関わる者に知恵と力をお与え下さい。私達が得体の知れない不安に駆られたり、世間体や体面にこだわって、自己保身に走ろうとする時、私達に愛と勇気をお与え下さい。
 感謝して、尊いイエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。