ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

2021年度年間テーマ・年間聖句

2021年度年間テーマ・年間聖句

〈2021年度年間テーマ〉
「強く、雄々しくあれ」

〈2021年度年間聖句〉
「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ」(ヨシュア記1章5~6節)

 西原新生バプテスト教会は、2019年10月より牧師不在の中で毎週主の御前に集い、礼拝を献げてきました。そうした状況にあって、2020年度は、私達の教会にとって大きな試練の年となりました。一つは新型コロナウィルスの問題であり、もう一つは開拓伝道以来、私達の教会を導いて下さった寺澤征一前牧師のご逝去です。
 私達の教会には、牧師招聘をはじめ、取り組むべき課題があります。私達一人一人の人生においても、様々な課題があります。そして、今年度何が起こるかは、誰も分かりません。しかし、それを知っておられ、私達と共にいて下さる方がいます。私達の主なる神です。
 かつて主なる神は、モーセを用いてイスラエルの民をエジプトから脱出させ、40年の荒れ野の旅を経て、約束の地へと導きました。しかし、約束の地を目前にして、モーセは地上の生涯を終えました。モーセの後継者ヨシュアをはじめ、イスラエルの民には、この先いかなる困難が待ち受けているだろうかという不安があったに違いありません。
 そのようなヨシュアに、主なる神は「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ」という御言葉を与えられました。ヨシュアは、この御言葉に励まされ、ヨルダン川を渡って約束の地に入ることが出来ました。
 主なる神は、私達に対しても御言葉をもって励まし、導いて下さいます。主の日の度に招かれ、御言葉をいただき、主との親しい交わりの中に生きることを通して、自分が主の御手の内に生かされていることを確認しましょう。そして、御言葉を信じ、御言葉に押し出されて、2021年度を歩み出していきましょう。
 私達が、自分の願いや思いを超えて、信仰による一歩を踏み出す時、主は私達と共におられることを様々な出来事をもって示して下さいます。そして、私達は主の恵みとご計画の素晴らしさを知ることが出来ます。来年私達の教会は伝道開始50周年を迎えますが、主の御言葉は真実であると証しする群れでありたいと願います。