ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

聖書日課 ダニエル書1章

聖書日課 ダニエル書1章(新共同訳 旧約pp.1379-1380)

 預言者ダニエルは、ユダの王ヨヤキムの第3年にバビロンの王ネブカドネツァルによって捕囚とされ、バビロンに引かれて行った少年達の1人だった。

 この少年達は「イスラエル人の王族貴族の中から、体に難点がなく、容姿が美しく、何事にも才能と知恵があり、知識と理解力に富み、宮廷に仕える能力のある少年」(3~4節)と言われており、家柄も、容姿も、体力も、能力も優れた、いわゆるエリートであった。

 そして、17節以降を見ると、彼らは皆「知識と才能を神から恵まれ、文書や知恵についてもすべて優れて」(17節)いたため、「王のそばに仕えることになった」(19節)と記されている。

 彼らは元々エリートで、しかも知識と才能に恵まれていたのだから、バビロンの王が登用するのも当然ではないか。そのように思う人もいるかも知れない。

 確かに、彼らは素晴らしい才能の持ち主だった。しかし、彼らの本当の素晴らしさは、そういう外側の条件にあったのではない。彼らが示した、主なる神へのどこまでもまっすぐで真実な信仰にこそあった。

「ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、自分を汚すようなことはさせないでほしいと侍従長に願い出た」(8節)

「宮廷の肉類と酒を毎日彼らに与えるように」(5節)というバビロン王の好意に対し、ダニエルはきっぱり「NO!」と答えたのである。それは、宮廷の肉類と酒が偶像に献げられたものであったからと思われるが、信仰と勇気のいる申し出であったことは確かである。そして、そのような信仰と勇気の故に、彼らは。異教の地バビロンにあって、主なる神の恵みと栄光の生涯を歩み続けることが出来た。そのような信仰のあり方を、このダニエル書からしっかり学びたいものである。