ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

2021年7月4日(日) 週報

2021年7月4日(日) 聖霊降臨節第7主日

○礼拝プログラム
招詞 詩編27編14節
讃美 66(聖なる、聖なる、聖なるかな)
交読 詩編28編1~9節(新共同訳 旧約pp.858-859)
主の祈り
聖書拝読 ヤコブの手紙1章1〜8節(新共同訳 新約p.421)
祈り 司式者
讃美 88(過ぎにしむかしも、きたる代々も)
宣教 「信仰をもって願う」柏本隆宏協力牧師
讃美 321(わが主イエスよ、ひたすら)
聖餐式
祈り
奉献
頌栄 546(聖なるかな、せいなるかな)
祝祷 柏本隆宏協力牧師
報告

○報告
1. 礼拝に参加される方は、消毒液による手洗いとマスク着用の上、間隔を空けて座り、引き続き新型コロナウィルスの感染予防にご協力をお願い致します。

2. イエス・キリストを主と信じ、バプテスマを受けることを希望される方、また西原新生教会への転入会を希望される方は、柏本協力牧師までお申し出下さい。

3. 新しい月7月を迎えました。今日も十字架の主のご苦難と死を偲びつつ聖餐の恵みに与りましょう

4. 沖縄県内における新型コロナウィルス感染拡大を受けて、礼拝後の活動や茶菓を囲んでの歓談などは、当面の間、休止します。その一方で、日常生活の中で聖書通読と祈りを大切にし、主なる神との交わりの時を毎日確保しましょう。また、祈りの生活の一助として、「祈りの課題」をまとめました。家庭でご活用下さい。
https://nschrist1972.hatenablog.com/entry/2021/06/24/003908

5. 百合丘キリスト教会(神奈川県)の信徒の方から教会宛てにお手紙とメールをいただきました。2016年6月に日本バプテスト女性連合が主催した「沖縄『命どぅ宝』学習ツアー」で、私達の教会の祈祷会に出席され、寺澤前牧師ご夫妻と、聖書の学びと交わりの時を持たれたとのことです。また、先週の豪雨のこと、新型コロナウィルス感染症のことについて、私達の安全と健康をお祈り下さっています。励ましの言葉に心よりお礼を申し上げると共に、この方と百合丘教会の上に主のお守りと祝福が豊かにありますようお祈り致します

6. 教会のラクトの作成に関して、執事の方が印刷にかかる費用の見積を調べて下さいました。データ持ち込みの上、A4・両面カラー・三つ折りで発注した場合、1000部で2万5千円、2000部で3万円、3000部で3万5千円、5000部で5万円かかり、三つ折りにしなければ、少し安くなるとのことです。どのような形で発注するかについて、これから検討していきましょう。

7. ブログは随時更新しています。聖書日課の箇所に関する短いメッセージも載せています。
https://nschrist1972.hatenablog.com/

○過去の宣教から
「私達の教会の歩みを振り返って見ますと、開拓初期の首里時代、四畳半二間の借家での集会、浦添の広い庭と池と椰子の木がそびえる借家での期間。私達の教会の土台が造られた期間。会堂建築を決意しての献金の開始。1500万円の献金をもとにしての会堂の購入(約4000万)と西原への移転。24年架けての返済。10年架けての教会組織の学び。連盟加盟。記念誌発行。教会員が心を合わせて忍耐して歩み続けた46年。教会の歩みと同時に、それぞれの家庭の事も互いに祈り合いながら、病気その他の様々な苦難の時を忍耐して乗り越えていきましょう。聖書日課のヨセフ物語が私達に語りかける言葉をしっかり聞き取り、励まされながら」(2018年7月18日、創世記39章)。

○聖書日課
4日(日) コリントの信徒への手紙二11章
5日(月) コリントの信徒への手紙二12章
6日(火) コリントの信徒への手紙二13章
7日(水) ガラテヤの信徒への手紙1章
8日(木) ガラテヤの信徒への手紙2章
9日(金) ガラテヤの信徒への手紙3章
10日(土) ガラテヤの信徒への手紙4章