ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えました。

聖書日課 サムエル記上13章

聖書日課 サムエル記上13章(新共同訳 旧約pp.446-447)

 サウル王の覇権は順調に広がっていった。「王となって一年でイスラエル全体」に支配を広げ、「二年たったとき」には「三千人」常備軍を備えるまでになっていた(1~2節)。

 そのような中、息子ヨナタン「ペリシテの守備隊を打ち破」ると、サウルは「国中に角笛を吹き鳴らして」人々を招集した(3節)。一方、「ペリシテ軍」も、イスラエルと戦うために」、全軍を挙げて「ミクマスに陣を敷いた」。その兵士の数は「海辺の砂のように多かった」と記されている(5節)。イスラエルの人々は恐れた(6節)。しかし、サウルは「ギルガル」に留まって、サムエルの到着を待った(7節)。それは、サムエルによって戦勝祈願の献げ物を主にささげるためである。

 ところが、約束の期日が過ぎてもサムエルは来なかった。そのため、恐れ慄く兵士の中には、隊を離れる者も出始めた(8節)。すると、サウルは遂にしびれを切らして、サムエルの到着を待たずに自分で「焼き尽くす献げ物をささげ」てしまった(9節)。

 祭司がささげるべき献げ物を自分でささげることは、たとえ王であっても、主なる神の教えに反する越権行為であった。そして、それは明らかに、サウル王の不信仰と高ぶりの罪だった。サウル王は、主なる神を信頼して待つことが出来なかったのである。

「焼き尽くす献げ物をささげ終えたそのとき、サムエルが到着した」。サムエルはサウル王に言った。「あなたは何をしたのか」(11節)。そして、それに続けて、次のように宣告した。

「サムエルはサウルに言った。『あなたは愚かなことをした。あなたの神、主がお与えになった戒めを守っていれば、主はあなたの王権をイスラエルの上にいつまでも確かなものとしてくださっただろうに。しかし、今となっては、あなたの王権は続かない。主は御心に適う人を求めて、その人を御自分の民の指導者として立てられる。主がお命じになったことをあなたが守らなかったからだ』」(13~14節)。

 何と厳しい言葉だろう。しかし、私達はここから大切な教訓を学びたい。どこまでも主なる神を信頼して待つこと、そして自分の分をしっかり弁えて、主なる神の使命に生きることを心に留めよう。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com