ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 創世記37章

聖書日課 創世記37章(新共同訳 旧約pp.63-66)

(1) ヤコブがヨセフを偏愛する(1〜5節)

 ヤコブの息子達は父と不和になる。父と子の反目は、シケムで起こったディナの出来事や、ルベンが父の側女ビルハと寝たことから表出した。揺らぐ家族に、ヨセフによって更に大きな葛藤がもたらされた。

 ヨセフは、兄たちの過ちを「父に告げ口し」(2節)、彼らの怒りを買った。その上、ヤコブは他の息子よりヨセフを偏愛した。彼がヨセフに作ってやった「裾の長い晴れ着」は、王女が着るようなとても高価な服である(サムエル記下13章18~19節)。この服はヨセフに対するヤコブの期待を反映している。

 兄たちは父の愛を独占するヨセフを憎んだ(4節)。家族は分裂し、主なる神の約束は危機に陥った。しかし、不和の中心にいたヨセフが、家族の未来と主なる神の約束を繋ぐ責任を担うことになる。

(2) ヨセフの夢(6〜11節)

 ヨセフの軽率な行動は、仲の悪くなった兄弟関係を更に悪化させた。

 ヨセフは2度にわたって夢を見、これを兄弟に話してしまった。

「ヨセフは言った。『聞いてください。わたしはこんな夢を見ました。畑でわたしたちが束を結わえていると、いきなりわたしの束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると、兄さんたちの束が周りに集まって来て、わたしの束にひれ伏しました』」(6~7節)。

 最初の夢は、兄たちが束ねた束がヨセフが束ねた束に「ひれ伏し」たという内容である。ヨセフは単に兄たちの束が「ひれ伏し」たと言ったが、兄たちはヨセフが自分達の「王にな」って「支配する」という意味として解釈した(8節)。兄たちの解釈は、後にヨセフが実際にエジプトの宰相となることで実現した。

「ヨセフはまた別の夢を見て、それを兄たちに話した。『わたしはまた夢を見ました。太陽と月と十一の星がわたしにひれ伏しているのです』」(9節)。

 第二の夢は、「太陽と月と十一の星」がヨセフに「ひれ伏」すという内容だった。兄弟ばかりか両親までも伏し拝むというのである。ヤコブでさえ「わたしもお母さんも兄さんたちも、お前の前に行って、地面にひれ伏すというのか」とヨセフを叱った(10節)。

 ヨセフの夢は兄たちの憎悪を煽ったが、主なる神は全て成し遂げられる(42章6節)。

祈り
 愛する天のお父様、私達の家庭の問題、自分の弱さや未熟さを全てあなたの御前に下ろします。私達の愚かさまでも全てを働かせて、益として下さるあなたのご計画に期待し、信仰をもって歩ませて下さい。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com