ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 創世記4章

聖書日課 創世記4章(新共同訳 旧約pp.5-6)

 人類史上最初の殺人事件は、人類史上最初の家庭の中で起こった。アダムとエバの間に生まれた兄カインが、主なる神への献げ物のことで弟アベルに妬みと恨みを抱き、アベルを野に連れ出して殺してしまったのである。

「カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した」(8節)。

 この時、主なる神は、カインが罪に陥ることがないように呼びかけられた(6~7節)。しかし、カインは主なる神の警告を無視してアベルを殺してしまった。その結果、カインは「呪われる者」(11節)となり、「地上をさまよい、さすらう者」(12節)となってしまった。

「カインは主の前を去り、エデンの東、ノド(さすらい)の地に住んだ」(16節)。

 主なる神の御声に逆らい、「主の前を去」った者が生きる〈さすらいの世界〉、それがエデンの東にある「ノドの地」である。それは、恐怖が渦巻く世界であり、自分の居るべき場所がどこにもない不安の地であった。

 それ故、カインは堪りかねて主に言った。

「わたしの罪は重すぎて負いきれません。今日、あなたがわたしをこの土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、さすらう者となってしまえば、わたしに出会う者はだれであれ、わたしを殺すでしょう」(13~14節)。

 すると、主はカインに答えて言われた。

「主はカインに言われた。『いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう』。主はカインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた」(15節)。

 主なる神の警告の声を無視して、弟を殺してしまい、主の前を去り、恐怖と不安の中にさすらう者となったカインの叫びを、主なる神は受けとめられた。そして、決して殺されることがないように、彼に「しるしを付けられた」

 たとえ私達が主なる神に逆らい、罪を犯したとしても、主なる神は私達を見捨てることはない。私達が罪を悔い改めて、主に向かって赦しと助けを求めるなら、主なる神はその声に必ず答えて下さる。何故なら、「わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる」からである(テモテへの手紙二2章13節)。真の平和と希望は、このイエス・キリストの真実に全てを委ねることから生まれる。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com