ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

祈り テサロニケの信徒への手紙一2章

祈り テサロニケの信徒への手紙一2章(新共同訳 新約pp.374-376)

 天のお父様、あなたの尊い御名を心からほめたたえます。今日も私達の心の扉を叩いて下さったこと、私達に声をかけて下さったことを感謝致します。
 天のお父様、色々な問題に悩んでいた時、私はミッションスクールで購入した1冊の聖書を開いてみました。それまでキリスト教学の授業やチャペルの時しか開くことのなかった聖書には、自分が悩んでいた問題に対する明解な答えが書いてありました。それまでに読んだどの本にもない、力強い言葉がありました。聖書の言葉の一つ一つが、私の目の中に吸い込まれるように入ってきました。あなたが私に直接語って下さっているのを感じました。その時、私の心の扉を閉じていた、大きな閂は切って落とされ、私は御子イエス・キリストに出会うことが出来ました。聖書との出会い、そして御子イエス・キリストとの出会いに導いて下さったことを、心から感謝致します。
 天のお父様、次週全世界で献げられる主の日の礼拝をどうか祝福して下さい。あなたを愛し、あなたを畏れ、「霊と真理をもって」あなたを礼拝することが出来ますように(ヨハネによる福音書4章24節)。あなたから命をいただいて1週間の歩みに踏み出せますように。また、オンラインも含めて、礼拝に一人でも多くの方が集い、イエス・キリストによる救いの素晴らしさを知ることが出来ますように。イエス・キリストによる救いを受け入れ、イエス・キリストを主と告白する方が起こされていきますように。
 主よ、あなたがあなたの御言葉を語るためにお立てになった、あなたの僕の心と口をきよめて下さい。あなたが「語れ」とお命じになることを語り、あなたが「語るな」とお命じになることを語ることがありませんように。そして、僕の一人一人の口を通して、あなたご自身がお語り下さい。聞く私達一人一人の心の扉を開き、私達一人一人の心の中に入って下さいますよう、心からお願い致します。また、あなたの御言葉によって諭された時、それを信仰で受けとめ、従うことが出来ますように。
 天のお父様、新型コロナウィルス感染症をめぐる問題をはじめ、様々な事情で礼拝に集うことの出来ない兄弟姉妹のことを祈りに覚えます。私達一人一人があなたとしっかり繋がり、御言葉に堅く立ち、御言葉に聴き従う教会となれますように。私達一人一人が聖霊に満たされて、喜び、感謝し、祈り、讃美し、あなたと共に歩み続ける教会となれますように。また、互いに愛し合い、祈り合い、支え合う教会となれますように。
 感謝して、尊いイエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。