ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年9月に伝道開始50周年を迎えます。

祈り フィリピの信徒への手紙4章

祈り フィリピの信徒への手紙4章(新共同訳 新約pp.365-367)

 天のお父様、あなたの尊い御名を心からほめたたえます。今日もあなたの恵みの御手の中に握り、支えて下さることを心から感謝致します。
 天のお父様、私達は色々なことで思い煩います。自分自身のこと、或いは自分の愛する者のことで思い煩います。恐れや不安、不満に心が揺れることがあります。そのような時、私達は〈自分〉という枠の中でしか考えることが出来なくなっており、〈自分〉の中で堂々巡りをしてしまっています。
 主よ、私達が思い煩いに囚われそうになる時、私達の目をあなたに向けさせて下さい。あなたは、私達の考えに優るご計画をお持ちです。私達の思いの届かないところにまで、あなたのご配慮は届いています。あなたは私達に「必要なものをすべて満たしてくださいます」(19節)。私達の目をあなたに向ける時、思い煩いの中にあっても感謝をもって祈れるようになっていきます。思い煩いがあなたへの信頼に変わっていきます。全てはあなたの御手の中で最善とされるということを信じ、今日も「あらゆる人知を超える神の平和」(7節)の中に過ごすことが出来ますように。安心しながら、平安の中で「何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ」「求めているもの」をあなたに「打ち明け」ることが出来ますように(6節)。
 天のお父様、あなたがイエス・キリストによって、私達に与えて下さった一致を心から感謝致します。その一致を保っていくために、お互いが「キリストの内にいる者」(3章9節)であること、お互いがイエス・キリストのために生き、「福音のために」「共に戦」う者であることを深く覚えさせて下さい。そして、あなたが望んでおられる教会の一致のために、私達を「主において同じ思いを抱」く、あなたの「真実の協力者」として下さいますように(2~3節)。主よ、あなたは私だけでなく、兄弟姉妹お一人お一人を握って下さっています。兄弟姉妹をどうかお導き下さい。あらゆる危険と災いからお守り下さい。
 感謝して、尊いイエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。