ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

聖書日課 ローマの信徒への手紙14章

聖書日課 ローマの信徒への手紙14章(新共同訳 新約pp.293-295)

 パウロは、キリスト者同士の関係について、「信仰の弱い人を受け入れなさい。その考えを批判してはなりません」(1節)と教えている。当時、教会には、特定の食べ物や特定の日を重んじるキリスト者もいれば、そういうことに全く自由な人もいて、互いに相手を軽蔑したり、裁いたりすることがあった。

 現代の日本の教会でも、例えば、酒も煙草もやらないキリスト者もいれば、そうでないキリスト者もいて、互いに相手を裁いたり、軽蔑したりして、受け入れ合うのが難しいということがある。

 そのような人々に対し、パウロは次のように言った。

「何を食べてもよいと信じている人もいますが、弱い人は野菜だけを食べているのです。食べる人は、食べない人を軽蔑してはならないし、また、食べない人は、食べる人を裁いてはなりません。神はこのような人をも受け入れられたからです」(2~3節)。

「神はこのような人をも受け入れられた」…これが人を軽蔑したり、裁いたりしてはならないことの理由であり、根拠である。主なる神が受け入れておられるのに、自分の好みや価値観に合わないという理由で人を裁くなら、それは自分自身を神とすることになる

 また、パウロは、次のように言った。

「従って、もう互いに裁き合わないようにしよう。むしろ、つまずきとなるものや、妨げとなるものを、兄弟の前に置かないように決心しなさい」(13節)。

「あなたの食べ物について兄弟が心を痛めるならば、あなたはもはや愛に従って歩んでいません。食べ物のことで兄弟を滅ぼしてはなりません。キリストはその兄弟のために死んでくださったのです」(15節)。

 たとえそれが善いものであっても、誰かの躓きや妨げになるとしたら、「兄弟の前に置かないように」配慮するのが、兄弟を愛することである。そのような温かい配慮が一つ一つ重ねられていく時、平和と喜びに満ちた交わりが築かれていく

「キリストはその兄弟のために死んでくださったのです」。この認識と信仰が、教会の交わりの基礎であることを忘れてはならない。

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町字内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
メールアドレス

f:id:Biblicism:20210602142922p:plain

https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com