ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

主日礼拝の流れと意味

主日礼拝の流れと意味

 実際の礼拝では順番が異なることがございますが、礼拝の流れについては、当日お渡しする礼拝プログラムをご確認下さい。ご不明な点がありましたらお尋ね下さい。

前奏
 心を静めて、主なる神の御前に出て礼拝する思いを整えます。

招詞
 礼拝への招きの言葉が聖書から語られます。礼拝は主なる神の招きによって始まります。

讃美
 全員で主なる神をほめたたえる歌を歌います。日本基督教団出版局発行の『讃美歌』を用いています。お持ちでない方にはお貸しします。

交読
 聖書の一部を、司式者と会衆で交互に読みます。

主の祈り
 イエス・キリストが「このように祈りなさい」と教えて下さった、私達の祈りの基本です。

聖書
 聖書からその日の宣教で説き明かされる箇所が朗読されます。日本聖書協会の『聖書 新共同訳』を用いています。お持ちでない方にはお貸しします。

祈祷
 司式者が、教会を代表して主なる神に祈りを献げます。会衆は聞くことによって祈りを合わせ、最後に「アーメン」(「その通りです」という意味)と共に唱えることで、教会全体としての祈りであることを表します。

讃美

宣教
 朗読された聖書の箇所の説き明かしです。牧師が語る言葉を通して、主なる神からの語りかけを聞きます。

讃美

聖餐式
 毎月第一日曜日の礼拝では聖餐式が行われます。聖餐は信仰を告白し、バプテスマを受けて与ることによってこそ意味があるものです。他の教会であっても、父と子と聖霊の名によるバプテスマを受けている方はパンと杯をお取り下さい。まだバプテスマを受けていない方、信仰告白をしていない方は、お取りにならないで下さい。信仰の告白、バプテスマに導かれ、ご一緒に聖餐に与る日が来ることを、私達は待ち望んでいます。

献金
 主なる神の恵みに感謝して、主なる神に献げものをします。各自が自分で決めた金額を入れて下さい。その献金は教会の活動のために用いられます。

頌栄
 父・子(イエス・キリスト)・聖霊である三位一体の神を讃美します。

祝祷
 牧師により、主なる神の祝福が告げられ、各自の生活へと派遣されていきます。

後奏

報告
 週報に基づき、教会の予定などが報告されます。共に祈りに覚えていくためです。