ようこそ、西原新生バプテスト教会のブログへ!

沖縄県中頭郡西原町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10:30から礼拝をささげています。家のような教会で、御言葉の分かち合いと祈りを大切にしています。2022年に伝道開始50年を迎えます。

2021年5月2日(日) 週報

2021年5月2日(日) 復活節第5主日

○礼拝プログラム
招詞 詩編25編12節
讃美 62(主イエスのみいつと みめぐみとを)
交読 詩編130編1~8節(新共同訳 旧約p.973)
主の祈り
聖書拝読 使徒言行録9章10〜19節(新共同訳 新約p.230)
祈り 司式者
讃美 246(かみのめぐみは かぎりなくとも)
宣教 「行け」
讃美 339(君なるイエスよ、けがれし我を)
讃美 新生讃美歌414(マラナタ)
聖餐式
祈り
奉献
頌栄 545(父の御神に、み子に、きよき御霊に)
黙祷
報告

○報告
1. 礼拝に参加される方は、消毒液による手洗いとマスク着用の上、間隔を空けて座り、引き続き新型コロナウィルスの感染予防にご協力をお願い致します。

2. 本日礼拝の中で聖餐式が行われます。十字架のイエス・キリストのご苦難と死を偲びつつ聖餐の恵みに与りましょう。

3. 先週の主日礼拝に、寺澤前牧師と生前親交のあった日本基督教団の引退教師が出席され、共に礼拝をお献げすることが出来ました。また、教会員の一人が帰宅する途中、沖縄バプテスト連盟の教会で仕えておられる牧師が声をかけて下さり、励ましの言葉をいただきました。そのことに感謝すると共に、同じ沖縄の地にあって福音宣教に仕えておられる沖縄バプテスト連盟、日本基督教団の諸教会のことを祈りに覚えます

4. 5月23日(日)ペンテコステ(聖霊降臨日)に、2021年度の教会の歩みを協議する「定期総会」を開催します。総会後、教会の今後と牧師招聘に関する話し合いの第2回も併せて行います。今回も牧師不在の中で行うことになりますが、新年度が主に喜ばれる歩みとなりますよう祈りつつご参加下さい。なお、総会にどうしても出席出来ない方は委任状の提出をお願い致します。また、総会資料として、昨年度の活動報告・決算報告、今年度の活動計画案・予算案をご提出下さい。

5. 私達の教会が置かれている西原町、また私達が生活している場には、道・真理・命を求めている方がおられることと思います。そこで伝道のためのラクを作成しました。近隣への戸別配布や親しい方への伝道などにお用い下さい。また、愛する人の救いのために祈りを献げましょう。

6. 教会からの発信の手段として開設したブログは随時更新しています。聖書日課の箇所に関する短いメッセージも載せています。URLは下記の通りです。
https://nschrist1972.hatenablog.com/

*先週の御言葉の分かち合いから
 私達は、美貌、知識、資産など、その人が持っている価値を愛する(エロース)。しかし、主なる神は、私達が愛するに値しない罪人であるにもかかわらず愛し(アガペー)、私達を救うために御子イエス・キリストを世に送って下さった。そのような主なる神の愛(アガペー)を信じて生きるのがキリスト者である。
 羊飼いであられる主なる神は、見失った一匹の羊を求めて捜し回られる(ルカによる福音書15章4節)。〈一匹の羊〉とは、自分が罪を犯していることにさえ気付いていない人のことである。イエス・キリストは自分を十字架につけた人々のために「父よ、彼らをお赦し下さい」と祈られた(ルカによる福音書22章34節)。私達はイエス・キリストの執り成しの故に主なる神から赦された者である。主なる神が私達を赦して下さったのに、私達は他の人を赦さないということが出来るだろうか(マタイによる福音書18章35節)。
 但し、罪の赦しと罪の是認は違う。主なる神は〈罪人〉を赦されるが、〈罪〉を是認することは決してない。そこを混同してはいけない。

○聖書日課
2日(日) 使徒言行録8章
3日(月) 使徒言行録9章
4日(火) 使徒言行録10章
5日(水) 使徒言行録11章
6日(木) 使徒言行録12章
7日(金) 使徒言行録13章
8日(土) 使徒言行録14章

西原新生バプテスト教会
主日礼拝 毎週日曜日10:30~12:00

〒903-0121 沖縄県中頭郡西原町字内間27-2
電話・FAX 098-946-0119
https://nschrist1972.hatenablog.com/
〈地図〉

www.google.com